• 2017年5月17日

    LINN AKURATE DSMのHDMIアップグレードとOPPO UDP-203

    CDと言う音楽フォーマット、私はここ数年間で1〜3枚程しか購入していません。と言うのも音楽を聴く際に殆ど音楽ストリーミングサービスを使用しているからです。大体の海外アーティストの新作は網羅されていますし、国内アーティストも若手は海外発の音楽ストリーミングサービスへ積極的に楽曲を提供しています。

    私は50年代〜60年代のJAZZをちょくちょく聴きますが、例えばTIDALにはJAZZのレコーディングエンジニアとしてあまりにも名の知れているRudy Van Gelderが監修した音楽の中から選りすぐった曲のプレイリストがあったり、Blue Noteの1500番台などはほぼ全て聴けますし、ベタにDiana KrallのTurn Up The Quietやちょっと渋めな所ではStockholm出身のMargareta Bengtsonや同じくStockholmで演奏された名盤、Jazz at the Pownshop等もすぐに出て来るので、音楽好きにとっては幸せな時代になりました。

    余談ですが、前回のSweden訪問時に同国出身のZara LarssonのCDを見つけようとしたのですが、何処を探しても見当たらずに断念。それもその筈、Swedenは2008年にSpotifyがサービスインし、お隣のNorwayでは2014年にTIDALが同じくサービスイン。そんな環境であれば、最早CDを買って音楽を聴くと言う発想が皆無に等しいのだと言う事を痛感しました。

    とは言うものの未だに日本では音楽を聴く手段としてCDは選択肢に入りますし、弊社のお客様からは過去に購入した膨大なCD(約数千枚)を良い音で聴きたいと言うご要望も頂いておりますので、そうなればお手持ちのCDから如何に良い音で音楽を聴いて頂くか、そしてその環境を整えるかが肝要となります。

    なぜLINN DSが従来のCDプレーヤーより音が良いのか、なぜBDプレーヤーとLINN DSMをHDMIで接続するとLINN DSとほぼ同様の音質を得られるかの技術的な解説はまた別の機会にしたいと思いますが、ともあれLINNはHDMIを有してから確実に次のステップへと進む事が出来たと私は認識しています。

     

    と言う訳でLINN AKURATE DSMをお使い頂いている大阪のH様。今回はCD関連とHDMI、そして宅内ネットワークのアップグレードを行いました。

     

    ラックから外したLINN AKURATE DSM。現地でHDMIボードの交換作業を行います。

     

    上蓋を開けると見えるのが従来のHDMIボード。これを基盤から取り外して新しいHDMIボードと付け替えます。

     

    左側が元々LINN AKURATE DSMに取り付けられていたHDMIボードで、右側がHDMI2.0対応の新しいHDMIボード。パッと見ただけでも左手前に実装されてあるSilicon Imageのチップのサイズの違いが分かります。

     

    HDMIボードの入れ替え作業が完了。LINN AKURATE DSMをラックに戻した後、KonfigでHDMI2.0へバージョンアップした事を確認してこちらの作業は終了。

     

    既存のCDトランスポートとDAコンバーターを撤去した場所にOPPO UDP-203をユニバーサルプレーヤーとして設置し、各種設定を行いました。これでCDの音質も大幅に改善し、NASにリッピングしているCDとほぼ遜色無く楽しんで頂ける様になりました。

     

    宅内ネットワークは有線ルーターをYAMAHA NVR510へ変更。左側にあるNEC製無線LANルーターはアクセスポイントとして再活用。

     

    オーディオラック内のHUBも従来の物からYAMAHA SWX2100-8Gへ変更し、信頼性の向上と共にルーターからの一括管理を行います。

     

    YAMAHAのルーター管理画面からこの様にツリー表示で今接続されているYAMAHAのネットワーク機器が確認出来ます。HUBのポートもこの様に通信速度やどのポートが使用されているかがリアルタイムで表示されます。

     

     

    H様、以前よりも安定した宅内ネットワークの下でCDを更に良い音質でお楽しみ頂ければ幸いです。ありがとうございました。

    現在お手持ちのLINN DSやLINN DSMが持つ性能を最大限に引き出すには、LINNスペシャリストの弊社までご相談下さい。長年に渡るLINN DSやLINN DSMの販売実績やホームオーディオの豊富な経験と知識、カスタムインストーラーとしての宅内ネットワーク構築スキルを活かし、お客様宅まで出張して診断し、オーディオの性能を最大限に引き出します。

    また、家族が楽しめるホームシアターや住宅設備機器をiPadやiPhone等で操作するAMXホームオートメーションのインストールも多数の施工実績があります。弊社ショールームへご来店頂いて、ホームシアターやAMXホームオートメーション等を実際にご体感下さい。

    LINN DSやLINN DSM、ホームシアターや宅内ネットワークに関するサポート内容やサポートエリア等の詳細に関しては弊社Web内、サポートのご案内をご参照下さい。また、サポートのご対応エリア外でも対応させて頂く事があります。

    お問い合わせはこちら