• 2017年1月24日

    老舗音楽管理ソフト、Twonky Serverの今後に注目

    【お知らせ】

    対象のLINN DS、DSMが10%OFFとなるトレードインプロモーションが2月15日まで開催中です。詳しくはこちらをご参照下さい。

     

     

    NASの中に保存してある音楽データはサーバーソフトと呼ばれるソフトがジャンルやアーティスト毎に自動的に振り分けをしてくれるので、ネットワークオーディオで聞きたい音楽を検索する時にとてもありがたい存在なのです。その代表的な存在であるTwonky ServerがQNAPのApp Centerからキレイさっぱり無くなっている事に最近気付いたのです。

     

    去年半ばにパケットビデオはTwonkyを含む事業をアメリカのリンクスに譲渡はしたものの、リンクスが引き続きTwonky Serverを提供していくと言うアナウンスがあったので安心していたのですが、物事はそう簡単には行かない様です。

    ただし、QNAPと長く携わっている人と意見交換をした所、過去にも何度かTwonky Serverがダウンロード出来ない時があったとの話も聞いたので、今回が必ずしも最後になるとは思っていませんが、2017年1月24日時点ではこの様な状況なので、忘備録的に書き記しておこうと思いました。

     

     

    弊社でネットワークオーディオをご購入し、お楽しみ頂いているお客様に向けてデータ保護の観点から、約3年に1度を目処にNASのHDDを交換する事を推奨していまして、データを含めたHDD交換作業を弊社にご依頼頂く事が徐々に増えて来てます。

    つい最近もLINN MAJIK DSをお使いのお客様からNASのHDD交換依頼を頂き、データを含めたHDD交換作業をしていたのですが、新しいHDDを取付してから何時もの様にQNAPのApp CenterからTwonky Serverをダウンロードしようと検索するも、全く出て来なかったのです。

     

     

    これは交換する前のHDDのQNAP設定画面。ここには確かにTwonkyMediaと書かれたアプリがあるのですが、HDDへ交換した後にApp Centerを探しても、Twonkyは一切見つからず、、、

    次に交換する前のHDDの設定をバックアップして新しいHDDへ設定を復元すると、App CenterにTwonkyをダウンロードした履歴はあるものの、再度ダウンロードを試みる事すら出来ませんでした。想像するに、QNAPのApp CenterにはTwonkyのデータそのものが無いのだと考えられます。また、QNAPの最新ファームウェアだとTwonky Serverが機能しないと言う情報がありましたので、今回は4.2.1を採用しています。

     

    幸い、とある所から助け舟を頂きまして今回は何とかなりましたが、その後のデータ引っ越しにまた時間がかかるのです。

     

     

    約800GBのデータを引っ越しするのに約2日、、、

     

     

    幸い、1.3TBほどのデータ引っ越しも完了したので近日中にお客様宅へ納品する予定です。

     

    お客様へ今後も安心してネットワークオーディオライフを楽しんで頂く為にはTwonky Serverがまた復活して欲しいと考えているのですが、こればかりは何とも言えない状況なので、また進捗があればこちらで報告します。

    現在お手持ちのLINN DSやLINN DSMが持つ性能を最大限に引き出すには、LINNスペシャリストの弊社までご相談下さい。長年に渡るLINN DSやLINN DSMの販売実績やホームオーディオの豊富な経験と知識、カスタムインストーラーとしての宅内ネットワーク構築スキルを活かし、お客様宅まで出張して診断し、オーディオの性能を最大限に引き出します。

    また、家族が楽しめるホームシアターや住宅設備機器をiPadやiPhone等で操作するAMXホームオートメーションのインストールも多数の施工実績があります。弊社ショールームへご来店頂いて、ホームシアターやAMXホームオートメーション等を実際にご体感下さい。

    LINN DSやLINN DSM、ホームシアターや宅内ネットワークに関するサポート内容やサポートエリア等の詳細に関しては弊社Web内、サポートのご案内をご参照下さい。また、サポートのご対応エリア外でも対応させて頂く事があります。

    お問い合わせはこちら